耐久性を考える

鉄筋コンクリートやパネル材を使用して住宅を建てた場合は屋上がある事が多いので防水する事が大切になってきますが、事前に使用する資材などについてもしっかりと把握することです。

この記事の続きを読む

必要性を知る

家を建てて7年から10年経つと、外壁塗装リフォームが必要とされています。これは、ちょうどその頃が新築時に施された外壁塗装の劣化が始まる時期とされているからなのです。

この記事の続きを読む

選びと比較

最近ですと札幌エリアの住宅塗装においては専門のコンテンツ上においても注目される存在になってきておりますし、消費者への期待も非常に高いサポートに進歩してきています。

この記事の続きを読む

ひどくなる前に塗装を

建築から10年というこの時期の外壁をよく見てみると、ほとんどのところで小さなヒビや剥がれ、ベランダや樋の周辺の黒カビや苔の発生、手や服が触れると白い粉がつくといった現象が起こっています。 実は、これらは外壁塗装の劣化のあらわれなのです。 外壁塗装は家の外観を整えるだけでなく、雨や風、汚れた大気や紫外線といった外からの脅威をブロックする役目を担っています。 ところがこれが劣化してしまうとその役目を果たせなくなり、雨水などが外壁から家の内部に入り込み、やがて床や柱といった構造部を腐食させる可能性が高くなるのです。 こうした危険を防ぐためにも、劣化が表面化するこの時期にリフォームを行うことが推奨されているのです。

リフォームの費用は、家の面積や使用する塗料の種類、工法によって変化します。 中でも塗料の種類による違いは大きく、広告などで低価格を謳ったものは安価な塗料を使用している可能性が高いとされています。 塗料は価格と耐久性が正比例しており、高価なものは耐久性が高く、逆に安価なものは耐久性がやや低くなります。 ちなみに、現在最も使用されているウレタン樹脂塗装で、その耐用年数が7年から10年なことから、建ててから10年近くでリフォームすることが推奨されているのです。 また、リフォーム価格は、行う業者によっても大きく変わります。 しかし、依頼する人の多くは外壁塗装リフォームに詳しくなく、ほとんどが業者の言い値に従ってしまいがちで、その結果後々トラブルとなる可能性があるのです。 これを防ぐには複数の業者に見積りを取り、それを比較して業者を選択するのが良いとされています。 これを簡単にできるのが、インターネットにある外壁塗装リフォーム業者の一括見積りサービスです。 このサービスは全国の優良業者が登録されており、その中から複数の業者に無料で一括して見積りを取ることができることから、大変便利と高い人気です。